修理業社選びの時期

水漏れを自分で修理するかどうかの判断で注意しなければいけないのが、自分の目に見えている部分だけの水漏れか、もしかしたら目に見えていない部分も水漏れしている可能性があるのかをしっかりと確認しておく必要があります

業者キッチンの蛇口の部分が水漏れをしているような場合には、簡単なゴムパッキンの交換などで改善する可能性も高いのですが、キッチンの棚の下であったり、キッチンの床部分に水が漏れてしまっていたり、水道管などが破裂していることが原因の場合には、地中に大きな空洞が出来ているような可能性があります。そのような場合には、水道料金が急激に高くなっている可能性が高いので請求された料金などを参考に判断する事も可能です

また、水道業者は複数の会社があります。テレビコマーシャルなどをばんばんと行っているような全国チェーンのお店であったり、昔から街の修理屋さんとして信頼のあるようなお店もあります。色々なお店の中で最も信頼の出来るお店を判断する必要があるのですが、水漏れを起こした後に探すと焦ってしまって冷静な判断が出来なかったり、比較する時間が無いという場合もありますので、普段から色々な修理業者を調べておき、信頼できる水漏れ修理業者を絞っておくのも重要になります。


・関連記事・

水漏れの原因

部品水漏れの原因は複数ありますが、その大半が部品の経年劣化による物です。特に蛇口や配水管などの継ぎ目に使われているパーツに負荷がかかりやすくなっておりますので、どうしても経年劣化しやすく、破損してしまいやすくなっているのです。

水漏れで破損しやすいパーツの中でも特に破損しやすいのがゴム製のパッキンになります。ゴム製のパッキンは、10年を目安に切れたり縮んでしまうようなケースが多いので、定期的に交換する必要があります。ゴムパッキンは、色々な場所に入っておりますので、自分の技術や道具で交換する事ができるのかどうかによって、業者を呼ぶか自分で対処するかの判断をつけなければいけません。

ゴム製のパッキンの交換方法などは、使用している蛇口などの型番などで検索すれば、画像付きで紹介されているページを見つける事ができるケースも多くなっておりますので、その紹介ページの内容によって判断する事もできますし、ホームセンターやネットショップで、交換するためのゴム製のパッキンを購入する事ができるかによっても、自分で修理する事ができるのか、それとも業者に任せるべきなのかの判断をする事ができます。業者に任せずに自分で行うと数万円近くリーズナブルに修理する事が可能となっております。


・関連記事・

水漏れが起きたら

忙しい時に限って起こってしまうのが水漏れです。良くテレビでみるような噴水状態で水が漏れているようなケースは少ないと思いますが、染み出るようなスピードで漏れるような水漏れなども甘く見ると痛い目に遭ってしまいます。特に忙しい時などは頭がパニックになってしまいますので、水漏れが起こった時にはどのような対処をしなければいけないのかは、事前にしっかりと確認しておく事が重要になります

水漏れが起こった時に最初に行わなければいけないのが、水漏れがどうして起こったのかという原因を探る事です。水漏れは色々な原因によって起こりますので特定が難しいかも知れませんが、原因を究明しなければ、効果的な対応をする事ができませんので原因の究明は必須になります。

修理依頼また、原因が究明できたら、自分で対処する事ができるのか、それとも専門の修理業者に依頼する必要があるのかを冷静に判断する必要があります。水のトラブルは、専門的な知識と道具、技術がなければ対応できない物も多いのですが、軽度の水漏れの場合には、自分で対処できてしまう物も少なくありません。自分で対処する事によってリーズナブルな金額で修理する事も可能となっております

しかし、多くの方が水漏れなどの水回りのトラブルに関して有効な知識を持ち合わせていないと思います。そこでこちらのページでは、水漏れの原因と対処法や、個人レベルで修理ができるのかどうかの判断についての情報をご紹介していきます。


・関連記事・