水漏れの原因

水漏れの原因は複数ありますが、その大半が部品の経年劣化による物です。特に蛇口や配水管などの継ぎ目に使われているパーツに負荷がかかりやすくなっておりますので、どうしても経年劣化しやすく、破損してしまいやすくなっているのです。

水漏れで破損しやすいパーツの中でも特に破損しやすいのがゴム製のパッキンになります。ゴム製のパッキンは、10年を目安に切れたり縮んでしまうようなケースが多いので、定期的に交換する必要があります。ゴムパッキンは、色々な場所に入っておりますので、自分の技術や道具で交換する事ができるのかどうかによって、業者を呼ぶか自分で対処するかの判断をつけなければいけません。

ゴム製のパッキンの交換方法などは、使用している蛇口などの型番などで検索すれば、画像付きで紹介されているページを見つける事ができるケースも多くなっておりますので、その紹介ページの内容によって判断する事もできますし、ホームセンターやネットショップで、交換するためのゴム製のパッキンを購入する事ができるかによっても、自分で修理する事ができるのか、それとも業者に任せるべきなのかの判断をする事ができます。業者に任せずに自分で行うと数万円近くリーズナブルに修理する事が可能となっております。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket